女子校生まとめ
今世紀最大の毒殺魔グレアム・ヤング【模倣犯は日本人女子高生】 - NAVER まとめ レンガで女子高生の頭を殴りまくった中国男のあきれた”動機” - NAVER まとめ
女子高生に説教された…芸能人の『酔っ払い』エピソードが心配… - NAVER まとめ 【画像動画】ぷらら CMで話題の女子高生 大場美和とは?【クライミング(ボルダリング)日本代表】 - NAVER まとめ
【JK】ツイッターに投稿された人気【Vine】の面白動画ー女子高生編 - NAVER まとめ もはや実写!3DCG女子高生「Saya」がついにオーディション「ミスiD2018」の最終選考に挑戦! - NAVER まとめ
同様の被害は3件も…都内で女子高生が液体をかけられる事件が発生 - NAVER まとめ 検索で「女子高生」で出てくる画像集 - NAVER まとめ
美脚でミニスカ挑戦‥?濱田龍臣の女子高生姿に絶賛の声が相次いでいる - NAVER まとめ #高一ミスコン【関東一可愛い高校生】セミ・ファイナリスト29人「#女子高生ミスコン」2015 - NAVER まとめ
いったいどこへ?行方不明になった女子高生の現在分かっている事 - NAVER まとめ ヤンキー女子高生シリーズ動画まとめ (Rio、小倉奈々、希崎ジェシカ、由愛可奈)【Vシネマ】 - NAVER まとめ
今世紀最大の毒殺魔グレアム・ヤング【模倣犯は日本人女子高生】 - NAVER まとめ

グレアム・ヤング

グレアム・フレデリック・ヤング(Graham Frederick Young, 1947年9月7日 - 1990年8月1日)は、イギリスの連続殺人犯。毒物を用いた犯行を重ねたことで知られ、継母と仕事の同僚2名(ボブ・イーグル、フレッド・ビッグス)を毒殺した。

出典

|

グレアム・ヤング

出典

(Graham Frederick Young, 1947年9月7日 - 1990年8月1日)

幼少期から最初の犯行

ロンドンの北部の街で生まれる。彼は幼い頃より毒物が人体に与える影響について強い興味を抱いていた。1961年、14歳のときに家族に毒を投与することを試み、重篤な結果を生じさせる。彼はアンチモンやジギタリス製剤を少量ずつ頻繁に購入したが、学校の化学実験で使用するとして大量の毒物を購入することに成功した。

1962年、ヤングを虐待していた継母モリーに致死量の毒を与えたことで殺害した。その後、更には父親、姉妹、学校の友人たちにも毒物を与えた。その一方で彼はどの食物に毒物を混入したかしばしば忘れ、犠牲者と同じように吐き気や病気に苦しむことがあったため、彼に疑いがかかることは無かった。しかしグレアムの叔母ウィニーは彼が科学と毒物に熱中していたことを知っていたため、やがて彼を疑うようになり、グレアムは精神科医を受診させられた。そこで診察に当たった医師は、毒物に対する知識と情熱を熱心に語るグレアムの博識さを褒めそやし帰宅させたが、その後そのまま警察に通報した。かくして、グレアムは1962年5月23日に14歳で逮捕され、彼は父親、姉妹および友人に対する殺人未遂を認めた。彼は所持していた酒石酸アンチモンカリウムを「小さな友達」と呼んでいたという。なお、継母の死については罪に問われなかった。継母を火葬することをあまりにもしつこく主張するグレアムに父親が折れたため、死因が分析できなくなっていたのである。

ヤングにはブロードムア病院(精神的に不安定な犯罪者のための機関)への15年の収監が宣告されたが、「完全に回復した」と認められたため9年後に釈放された。しかし実際には、彼は収監中も院内の図書館で化学書や医学書を読み漁り、そこから得た知識を基に病院敷地内に自生する植物からの有毒成分の抽出や、囚人仲間や病院のスタッフを被験体とした毒物投与の実験さえも行っていた。

少年時代のグレアム・ヤング

出典

少年時代のグレアム・ヤング

第二の犯行

1971年の退院後、彼はハートフォードシャーのボーヴィンドンで写真店の店員の仕事を見つけた。店主のボブ・イーグルはブロードムア病院からの照会状を受け取ったが、あろうことか主治医はその中に毒物による殺人で有罪になった過去を記載しなかった。ヤングが仕事を始めてすぐにイーグルは体調不良を訴え、まもなく死亡した。ヤングは仕事仲間に与える茶にアンチモンやタリウムといった毒物を混入した。病気は職場で次々と発生し、未知のウイルスによるものと誤解され「ボーヴィンドン・バグ」と呼ばれるようになった。もちろん、吐き気や医師の診察を相当とした症状は、ヤングと彼が入れた茶によるものと考えられることができた。
ヤングは続く数ヶ月の間に約70人に毒物を与えた。ボブ・イーグルの後任者は、写真店で仕事を始めると間もなく病気になったため、すぐに仕事をやめることに決めた。その決定は彼の命を救うことに繋がった。ボブの死後、ヤングの同僚フレッド・ビッグスは病気が悪化しロンドン国立病院に入院した。不運にも入院時には手遅れで、フレッドは数週間苦しんだ末、ヤングによる3番目の犠牲者となった。

この時点で病気および死因に関する適切な調査が必要なのは明白だった。ヤングは調査官がタリウム中毒を死因と思わなかったかどうか、経営コンサルタントに尋ねた。彼はまた同僚の1人に自らの趣味が有毒な化学薬品を研究することだと話した。この同僚は直ちにヤングの過去を調べ、彼の犯罪歴を知るや驚いて警察に通報した。
ヤングは1971年11月21日に逮捕された。警察は彼のアパートでタリウムとアコニチン、ポケットの中からアンチモンとタリウムを発見した。さらにヤングの毒物投与とその症状を詳細に綴った日記を発見した。

第二の舞台となったジョン・ハドランド社

出典

グレアム・ヤング

グレアムの父、フレッド・ヤング

出典

グレアム・ヤング

叔母のウィニーと姉のウィニフレッド

出典

グレアム・ヤング

日記の内容(一部)

10月31日
「Fに致死量の特別混合剤を投与した。明日どうなっているか楽しみだ」

 11月1日
「Fは出社していない」

 11月3日
「Fは既に重体だ。意識不明で、麻痺と失明が進行している。あと2、3日もすれば最期を迎えるだろう。その方が彼には救いになる。仮に生き延びたとしても、永久に障害者になるだろうから、死んだ方がいいのだ」

 11月4日
「或る医者によればFの症状はウイルスによるものだという。私と張り合おうとしているのだろうか」

 11月10日
「Fはまだ生きている。特別混合剤に耐えるとは、なんという強靱な体力なのだろう。生きていられると厄介なことになりかねない」

 11月17日
「Fの治療が効果を上げている。てこずらせる奴だ。3週間も延命すれば、そのまま生き続けるだろう」

グレアム・ヤングの最後

ヤングの裁判はセント・アルバンス・クラウン法廷で1972年6月19日に始まり、10日間続いた。ヤングは有罪を認めず、日記に関しては彼が計画していた小説に関するメモで単なる空想だと主張した。しかしながら証拠は明白であり、ヤングは終身刑を宣告された。今回は精神異常者を収監する施設ではなく、通常の刑務所に収監された。彼は「ティーカップ・ポイズナー The Teacup Poisoner 」と呼ばれたが、自身は「ワールズ・ポイズナー World's poisoner 」と呼ばれることを望んだ。

1990年8月初旬、43歳の誕生日を2週間後に控えたグレアムは、バークハースト刑務所で心臓発作で死亡した。1994年に製作されたグレアムの伝記的映画『グレアム・ヤング毒殺日記』では、彼は自らを毒薬実験に用いて死亡したとされている。その真偽は判らないが、事実だとすれば、如何にも彼らしい死に様である。

グレアム・ヤングの言葉

私はあなたの近所の気さくなフランケンシュタイン

出典

|

毒物の小ビンは僕の小さな友達

出典

|

(逮捕された後)アンチモンがなくて寂しい。アンチモンが与えてくれる力が欲しい

出典

|

彼らを人間として見なくなったんだと思います。より正確に言うなら、僕の一部が彼らを人間と見なさなくなったんです。彼らはモルモットになったんだ。

出典

|

映画化

グレアム・ヤング毒殺日記

出典

|

実在した今世紀最大のイギリスの毒殺魔、グレアム=フレドリック・ヤング(1947-90)の殺人記録に基づくブラック・コメディ。監督は、オックスフォード大学卒業後、N.Y.のコロンビア・フィルム・スクールにエミール・クストリッツァらと共に学び、短編映画『My Little Eye』(92)が各国の映画祭で好評を博したベンジャミン・ロスで、これが初の劇場用映画。脚本はロスとジェフ・ラウルの共同。製作は前記の短編にも参加した「ビフォア・ザ・レイン」のサム・テイラー。主演は「マイ・レフトフット」のヒュー・オコナー。

グレアム・ヤング毒殺日記

出典

グレアム・ヤング

ストーリー(ネタバレを含む場合あり)


少年グレアム・ヤング(ヒュー・オコナー)の宝物は、化学実験セットと看護婦ナース・エスターのヌード写真。彼は図書館に勤めるスー・バトラー(サマンサ・エドモンズ)を通じて、未成年者への貸し出しが禁じられている化学関係の書籍を読みふけった。グレアムは硫化アンチモンと運命的な出会いをし、それに魅了される。ある日、友人のニックがスーをデートに誘っていることを知り、激しい嫉妬に駆られた彼は、アンチモンを混ぜたマスタードを塗ったサンドイッチをニックに食べさせ、彼の代わりにスーとデートに出掛けた。継母にポルノ雑誌と一緒に実験セットを燃やされたグレアムは、彼女にアンチモン入りのチェコレートを食べさせた。やがて継母は倒れ、原因不明の病と診断される。グレアムは、医者が与えた薬にも毒を盛り、彼女の容体や体温を詳しく記録し始めた。やがて彼は、無味無臭の猛毒タリウムを使い、継母にとどめを刺す。すっかり毒殺の魅力の虜になった彼は、父や姉、親戚たちに次々と毒を盛るが、14歳の時に逮捕された。グレアムが精神病棟に収容されて2年後、新しく赴任した精神科医のザイグラー博士(アンソニー・シェール)が彼の治療に、あたる。やがて完治の診断を下されたグレアムは、病棟を出てカメラ会社に就職。仲間たちとも自然に溶け込み、社会復帰はうまくいったかに見えた。しかし、ラボであの毒薬タリウムの入った瓶が何本も並んでいるのを見た彼は、再び沸き起こる殺意の衝動に心が揺れ動く。ついにグレアムは同僚たちに毒入りのお茶を注ぎ、次々と犠牲者が増えていく。間もなく彼は逮捕され、獄中で実母の形見のダイアモンドを削った粉を飲んで自殺した。...

影響

2005年11月、日本においてヤングを模倣した少女がタリウムを用いて母を意識不明に追い込む犯罪が起きた

出典

|

高1女子、母親に劇物 ブログで“観察日記”、衰弱していく様子記述

出典

|

女子高生

出典

「好きな芸能人」の欄には「有名人(あまり有名ではないかもしれないが)ならグレアム・ヤング」と、英国の毒殺犯の名を挙げています。

県の国市で県立高校一年の女子生徒(16)が劇物のタリウムを使って母親(47)を殺害しようとした事件で、女子生徒が上の日記「ブログ」に、タリウムを投与する経過や、衰弱していく母親の様子とみられる“記録”を公開していたことが一日、静岡県警少年課と三島署の調べで分かった。県警は押収したなどから、書き込みが女子生徒のものと断定。これを決め手の一つとして逮捕に踏み切っていた。女子生徒の心理状態などについても、県警は詳しく分析を進める方針だ。 女子生徒は八月中旬に「実験01日目」と題して毒劇物を投与したの観察経過を書き始めた。それと前後して、母親の全身に発疹(はっしん)が起きて体調が悪化していることや、「殆ど動けなくなってしまいました」などと、病状に関する記述を頻繁に書き込むようになった。八月下旬には自らも腹痛に悩まされていると書いたうえで、「原因は解っています。タリウムです」と記していた。 母親がする数日前には「母はよく泣くようになった。僕に“毒を造って欲しい”“誤って飲んだ事にして貰いたい”とぼやく」などと母親とのやり取りを紹介し、「自殺衝動が出始めたようだ」と冷淡な分析を加えている。

ついにプリクラまで登場!「ノンスタ井上」が女子高生から絶大な支持を得ているみたい。 - NAVER まとめ ユニクロのデニムがインスタグラマーからも大人気♡おすすめ商品5選 - NAVER まとめ
荻野目洋子も大絶賛!女子高生の“バブリーダンス”が神すぎる! - NAVER まとめ 女子高生の定番人気ブランドソックス5選♡ - NAVER まとめ
宮野裕史が再犯で逮捕!【綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件の主犯】 - NAVER まとめ 事件から7週間、ナイジェリアの女子高生大量誘拐事件はどうなった? - NAVER まとめ
佐世保女子高生殺害事件、その後に崩壊した家族… - NAVER まとめ ストーカー男が女子高生の顔にかけた「水酸化ナトリウム水溶液」って何だ? - NAVER まとめ
軽い気持ちが…居眠り姿をSNSに投稿した女子高生が問われた「侮辱罪」とは? - NAVER まとめ 【いいねRT猛烈】Twitterで話題の面白画像とツイート【リツイート簡単・ニュースとインスタも】 - NAVER まとめ
ウーマン村本が好き!女子高生のはるかぜちゃん(春名風花)がネットで話題に - NAVER まとめ アホでおバカでどうしようもない女子高生の画像まとめ。でもちょっと平和を感じるw【女子高生】 - NAVER まとめ
福山雅治はぶりっ子…「アラフィフ」のインスタが見逃せない! - NAVER まとめ 「一万円あげるから」女子高生に下半身を触らせ逮捕された男が色々と話題に - NAVER まとめ
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧