女子校生まとめ
佐世保女子高生殺害解剖事件!殺人鬼の人生壮絶過ぎる!! - NAVER まとめ

2014年7月26日、長崎県佐世保市で発生した猟奇殺人事件

出典news.happy-affiliate.com

お気に入り詳細を見る

2014年当時、高校1年生の女子生徒(15)が、同学年の友人 松尾愛和さん(15)の後頭部を鈍器のようなもので多数回殴り首を絞めて殺害した後、首と手を切り落とし、腹を裂き解体
猟奇殺害現場は、容疑者女子高生の一人暮らしのマンション自室

お気に入り詳細を見る

出典livedoor.blogimg.jp

お気に入り詳細を見る

家庭環境概要

父親=早稲田大学卒業、弁護士(地元大手の弁護士事務所を開業)
母親=東京大学卒、佐世保市の教育委員かつ長崎県スケート連盟会長(病死)
兄=早稲田大学在学中、司法試験~弁護士を目指す(東京で一人暮らし)
妹=兄と同じ地域TOPの進学高校在学、スポーツで国体出場、芸術で県知事賞の文武両道(殺人解剖遺棄容疑で逮捕中)
家=豪邸、さらに高校1年で一人暮らしのマンションと100万円の現金を与えられる
ペット=犬が一匹
裕福な家庭に育ち、文武両道で何不自由ない生活を送る

お気に入り詳細を見る

小学生時代

お気に入り詳細を見る

・突然大声を出したり、泣き出す事があった
・感情の起伏が激しく、変人としてクラスで浮いていた
・頭がとてもよく、勉強好きだった
・医学書を読んだり、ネコを解剖するなどしていた
・警察は、女子生徒が小学生の時、ネコを解剖した問題行動を把握している

お気に入り詳細を見る

・2010年12月上旬 6年生 異物混入事件
2人の児童の給食に5回にわたって異物を混入
「一緒にやらない?」と、ほかの児童を誘うこともあった
クラスでは誰もが知っている公然のことだった

お気に入り詳細を見る

給食を食べる小学生 by アマナイメージズ

お気に入り詳細を見る

1~4回目は女児を狙い、水、ベンジン、液体漂白剤、靴用の粉末洗剤 の順に使用。5回目は男児を狙い、衣類用の粉末洗剤を使用。いずれも薬物など0・3ミリリットルを水道水に混ぜてスポイトで混入していた

お気に入り詳細を見る

和解後、市教委はカウンセラーを配置し、加害者や関係した児童や親、教職員らに計15回のカウンセリングをした
 ↓
加害者は「明るくて、誰にでも優しい子だった」がこの事件後は学校を休みがちになり
「たまに学校に来ても、孤立してしまっていて話しかけられる雰囲気じゃなかった」

お気に入り詳細を見る

カウンセリングを受ける女性 by アマナイメージズ

お気に入り詳細を見る

校長は加害者の両親に、学校でも注意深く見守ることを伝えた上で「家庭でも少女の話をしっかりと聞くように」と要請
翌23年3月の卒業まで、冬休みや土日祝日を除いて毎日、両親に電話し、加害者の様子を聞き取った

お気に入り詳細を見る

スピードスケートで、父、兄、と共に、家族3人揃って長崎県大会優勝の快挙。
長崎県スケート連盟会長の母と共に、家族全員で国体へ!

お気に入り詳細を見る

※国体出場は、実力よりも政治力との見方が広がっている

殺人犯女子高生家族「以外」は誰も参加者が居ない部門を母が先頭に立って創設。
「参加すれば県大会優勝」する状況で国体出場(当然、全員国体1回戦敗退)

お気に入り詳細を見る

・2011年1月  中学校入試 受験。

お気に入り詳細を見る

・2011年3月  小学校卒業

お気に入り詳細を見る

お気に入り詳細を見る

中学生時代

・2011年4月  中学校入学

お気に入り詳細を見る

・放送部に所属 して将来はNHKのアナウンサーになりたいと夢を語った
・給食異物混入問題は中学校にも引き継がれ担任の教諭らが見守りを続けていた
・中学生時に複数回にわたり、猫を虐待死させていた疑いがある
・小動物の解剖に夢中になっているという噂が広まり「少し浮いた感じになっていた」
・供述では、殺人願望を持つようになった時期について「中学時代から殺人欲求」
・「中学生の頃から、人を殺してみたいという欲求があった」
・「猫を解剖するうちに、人を殺したいと思うようになり、我慢できなくなった」

お気に入り詳細を見る

Knife stabbing a teddy bear on a dresser by アマナイメージズ

お気に入り詳細を見る

・野良猫が、殺害解剖され路上に放置される事件が近所で2件起こっていた
「3年前に保険会社の駐車場に住み着いていた子猫が殺されてバラバラにされたことがあった。1年ほど前にも猫の首が繁華街の裏通りに放置されていた」(地元住民)

出典提供:NEWSポストセブン

探して追加|アップロード
お気に入り詳細を見る

・2012年 2年生  海外留学を希望し母と留学先を探す
母「費用はかかってもいいので安心できる場所を」
佐世保ピアノコンクール 準優秀賞入賞

お気に入り詳細を見る

・2013年10月 母が膵臓癌で死去

お気に入り詳細を見る

A woman lying in a coffin by アマナイメージズ

お気に入り詳細を見る

・2013年末~
「父親は若い女性と頻繁に食事するなど夜の街を出歩く機会が増えた。今年初め、お見合いで知り合ったという東京在住の30代前半の女性が佐世保に来るように」(一家の知人)

出典佐世保同級生殺人事件 キムタク髪の父、一周忌前に再婚〈週刊朝日〉 (dot.) - Yahoo!ニュース

探して追加|アップロード
お気に入り詳細を見る
東海道線 三河大塚駅で人身事故「女子高生が飛び込みか?貨物列車と人が衝突」6/13 - NAVER まとめ
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧